借金200万円を返済中!!妻子持ち中年サラリーマン

借金200万円。べらぼうにでかい金額でもなく、決して少ない金額でもない中途半端なこの金額が、妻子持ちで年収400万円のサラリーマンにとっては辛い。でももちろん全額返済目指して頑張っていきます!!

借金のきっかけになった投資を始めた話(株編)

      2015/02/15

スポンサーリンク

過去に投資で大敗していた事を書きましたが、昔話をしたいと思います。
株の取引を始めた頃の話しです。
これは自分が借金体質になるきっかけでもありますね。

※この記事は昔話なので記憶が曖昧なところとかあります。
間違えてたり、思い出した事あったら今後も加筆修正しますね。

まず、株の取引を始めたのは25歳頃です。
その頃はネット証券が勢力を拡大しており、個人投資家がどんどん増えてる時代です。
ホリエモンがTVで話題になり、お金を儲ける事がバブル以降ではかなりピックアップされていた時代だと思います。
今の40歳前後の人はその頃にちょっと株の取引をやったりした人多いんじゃないかなー。
個人向けの株雑誌もたくさんありましたねー。
一時休刊して、今はまたやっているダイヤモンドZAiが投資雑誌の中では一番好きだったなー。
その頃、株やFXなんかを始めた人は多いと思うけど、
25歳くらいでそういうの始めてる俺って格好良いくらい思ってましたね。

 

その頃の僕の思考は、株の取引で儲けて35歳くらい、まー遅くても40歳くらいで悠々自適の生活をするか。
旅行とか、色々行くか。とか。
いや、でも仕事を全然しないのはだめだなー。
きっと生活に張りがなくなってしまうよ。社会貢献はしないと。
エネルギー関連昔から興味あるし、そういう会社を興すか。
でも会社を興して社長になったら気苦労耐えないし。
そうだ、エネルギー関連のいくつかの会社の大株主になったら自分の意見も多少言えて楽しそうだな。

とか、自分に都合の良い妄想ばかりしている考えてるばかやろうでした。

で、株の取引を始めるわけですが、最初の数銘柄は名前を知ってるような株を買ってたかもしれません。
が、そういう株の値動きって大体1日に数パーセントくらい。10万円分の株とか持ってて、1日に数千円しか上下しないわけですよ。
そこで思うわけです。
こんな取引してても、ずっと大金持ちになんかなれねーな。

そこで値動きが多きい銘柄を探すようになります。
東証一部の大型銘柄とかではなく、東証一部でも中小型株。
東証マザーズや、JASDAQ、大証上場の銘柄とかですね。
そう、1日に10%以上動く銘柄を探すわけです。

そしたら10万円で1万円とか、50万円やってたら5万円とかそれ以上自分の資金が動き出すわけですね。
1取引5万円とかなったら結構痺れてきます。一つ一つの取引に一喜一憂しだすわけですねー。
で、こうなったらまずい。だんだん仕事が手に付かなくなってくる。
仕事はSEなんで常に目の前にパソコンがあります。
昔は今ほど監視や、セキュリティも厳しくなくて証券会社のページを開けてたりしてました。

仕事中もデイトレしだす。
15時までは仕事しなくていいや。ってなってくる。
しかも、その頃の僕は調子に乗っており、いやいや仕事は15時からで十分でしょう。他の人の倍、仕事進める自信あるし。とか、なんとか考えていたと思いますね。
実際仕事はそれなりにできていたので、そういう面で仕事場での立場が悪くなったとかそんなのはないけど。

そんな感じでデイトレしながら更に更に値動き動きが良い銘柄はないかとかを探し始めます。
もうただの取引中毒。更にスピード上げないと、40歳で浮世離れした生活なんか無理だぞ。
(もっとスピードを上げるも何も、負け続けてるんだけど・・・
そういうのは敢えて見ない方向で。なんかリスクの高いものをうまく取引するイメージが勝手にあります)
とか、考えてもっとクソみたいな株を取引し始めます。
ボロ株とか仕手株とかいう類のものですね。
噂次第でストップ高連発したり、ストップ安連発したりする銘柄。
そして上場廃止寸前の数円の株とか。
リアルで見てはないのだけれど、僕が株を始める数年前に足利銀行が上場廃止になる前に1円になったあと20円くらいまで上げた事がありました。
数日で20倍!!
そこまでなくても、この頃にも上場廃止寸前で数円になった株が色々な思惑から2倍や3倍になる事はあったんですねー。
で、そういうのをちょびっとだけ買って夢を見るのはいいのかもしれません。
しかし、僕の場合は全力買いです。
だいたいその頃は口座に3~40万円くらい資金を入れてる事が多かったんですが、ほぼ全力買いをするというね。
ばかやろう。

もはや投資ではまるでなくて、半丁博打というかギャンブルというか。
欲にまみれたそんなときは当然勝てるはずもないです。
もし運よく2倍になっても利確できません。
3倍4倍も頭にありますから。
その内に下がり始めます。ここで元本まで戻ったら、全部売ってしまうような逆指値の注文でも出しとく人なら少なくとも損はしません。
そういう人は恐らく株で資産を築ける人でしょう。
で、クソ株やボロ株を保有し続けて、取引し続けて数百万円が失われていきました。
そして気付きます。
こういうギャンブル性の高い事をやってたらどんどんお金を失うばかりだ。

こんなクソみたいな取引をしながら、方や勉強はしっかりしているタイプで、
PERとかROEとか、配当性向とか企業業績をしっかり勉強しています。
興味がある会社は決算とか、四半期見通しとか見たりします。
で、半年後とか1年後とかに見て思うんです。
中小型株とかで注目していた優良企業は、半年後に1.5倍になってたり2倍になってたりする銘柄も珍しくありません。
「それ見たことか、俺の思った通り。」
が、自分自身はそういう株を持っていません。
企業業績とか、ちゃんと分析して予想している銘柄はきっちり上げているのに・・・
妄想銘柄やシミュレーションでは勝てるのに・・・
こういう経験は誰にでもあると思いますが、大事なのはリアルマネーで取引をした時に勝てるかどうかであって、こういう妄想はへの突っ張りにもなりません。

ならば信用取引だ。
信用取引なら3倍値動きあるぞ。
ちゃんとした業績の会社はわりとゆっくり動くから早く儲けたい俺には向かないけど、信用取引なら3倍速で儲けられる!!
そんな思考から信用取引をしようと思いますが、
その頃確か、株の取引を3年していないと信用取引ができなかったように思います。
最低必要証拠金が手元になかったか。
記憶は曖昧だけど、とにかく信用取引は一旦せずに違う方法を考えます。

他に元手が少なくて値動きが大きい金融商品は何かー。
先物、オプション取引、eワラント。
色々考えた末eワラントが自分に一番合ってるわー。という結論に達します。
その時の細かい思考を完全には覚えてませんが、根底の考え方はわかりますよ。
ハイリスクハイリターンで、もちろん俺はハイリターンしか関係ないぜ!!
アフォ・・・・

とにかく元手が少なく済んで、値動きが凄く大きいわけです。
2倍、3倍が狙えるわけです。
負けるときも2倍、3倍です。
しかし、これは投資やる人みんな一緒と思うけど、負けると思ってやる人は居ないわけです。
負けると思ってたらやりません。
勝つ事しか考えてません。
勝つ事しか考えてないので、負けが込んでくると必要以上に焦ります。
勝ちはちょっとだけで利益を確定して、負けは認めたくないのでどんどん損失が膨らんでいきます。
eワラントそりゃーもうもの凄く速い勢いで負けましたね。
権利行使までの期日がどうのこうの~
とかで、値動きが大きいものばかりを狙って。
そりゃーもう面白いようにお金がなくなっていきました。

はいー、上で投資と書いたけど投資じゃないね。
こういうのはギャンブルといいますね。
しかも、超高確率で負けるね。
負けるのは株が悪いわけではありません。オプションが悪いわけではありません。
負ける行動しかしていない自分が悪いのですー!!
分かってても負け続ければ、世を恨んだりしますけどねー。

しかし、バカやろうはこんな風に考えます。
世の中、流行で株とか始めた奴は多いだろうけど、せいぜい殆どの奴は信用取引止まりだろう。
俺はオプションとかe-warrantとかやってるぜ。
金融の専門家でもないのになかなか格好良いぜー。
いや、思い出しながら書いてて本当情けなくなってきた。
俺、本当にバカだったんだな・・・
大事なのは利益を上げて、自分のお金を増やす事なのにねー。
金融商品が何かなんて本当にどうでも良い話なのに・・・

会社員じゃなかったってのもあって、20代中盤で毎月50万円弱とかのお金が入ってきてたんだけど、
それを片っ端から株やらオプションやらe-warrantやらで溶かしていくなんて。
そして、借金までも・・・

が、それでも俺は。

次は今でもやっているFX偏です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

 - プロフィール的な

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
年収400万円と書いたけど、もう少し詳しく公開しますよ

年収400万円と書いたけど、もう少し詳しく公開しますよ。 毎月の税引き後手取りは …